安い料金で引越しするなら業者選びが重要【時期を考えて引越そう】

婦人

距離と荷物量が費用の目安

レディー

引越し費用の相場を調べると、同じ荷物量でも場所が違うと費用も大幅に違います。近距離は安くなり、遠距離は高くなるのが一般的です。遠距離引越しの費用を節約したいなら、荷物量を減らすか、コンテナ便を利用するのがお勧めです。

知っていると得をすること

段ボール

引越しの準備を行っている際に発生した不要な物は、不用品回収サービスを利用すれば一括で処分可能です。また、引越し業者が荷物を運搬する日まで日程に余裕があるからといって準備を始めるのが遅くなると、問題が発生した場合に対処できる時間が少ないです。ですから、準備は早めに始めることが重要です。

プランと一括見積もり

財布

一人暮らしでも家族と一緒でも、引越し屋さんを利用すれば楽に引越せます。引越し屋さんには、荷物の量に応じたお得なプランがあります。しかし、業者によって費用が違うので、事前に一括見積もりをすることが大切です。

業者の強みと避ける時期

財布を持つ女の人

業者にも得意不得意がある

家財道具が多い家族世帯から荷物の少ない単身世帯まで、運搬量を減らせば引越し費用が安くなることは共通項目です。ですから安い引越しをご希望の場合は、先ず不用品を処分して、必要な荷物だけ運ぶようにしましょう。さらに荷物の梱包などもすべて自分で行いますと、その費用をカットできます。また、引越し業者は運搬距離にも得意不得意があるため、移動距離から業者選びをすることも大切です。長距離移動では大手の業者の方が安い場合でも、同じエリア内など、近距離なら地元の運送業者などの方が安い場合も見られます。そのほか、荷物が多い場合は割高ながら、単身世帯の引越しなら格安で受け付けている業者など、それぞれで強みが違いますから、各自の引越し内容に合わせて安い業者を探しましょう。

避けた方が良い時期

料金に比重を置くことは大切ですが、女性の引越しの場合は、レディース向けの引越しサービスなどを選ぶこともポイントです。レディース向けのサービスでは、女性が最低一名作業員として同行するなど、男性スタッフに頼みにくい荷物でも、安心して頼めることが魅力となっています。希望を伝えることで対応してくれる業者もありますから、女性ならではの配慮をしてもらいたい時は、注目しておくと良いサービスです。そして、安い引越しのためにも、繁忙期はできるだけ避けるようにしましょう。この時期は料金が倍の値段に跳ね上がることもありますから、3月や4月、ならびに9月などは引越しを控えた方が正解です。また、ひと月の中では月の終わりも料金が高いため、安い引越しを実現したいなら、月末も避けて日程を組みましょう。